PALYNOSURVEY
    地 盤 調 査 関 連 

・放射性炭素年代測定
 炭素の同位体の一つで、約5600年の半減期を持つ14Cが、過去に於いても現在と同様な割合で自然界に存在していた、との仮定に基づいて、化石中の14C濃度を測定することによって、年代を測定します。測定は、4万年前ぐらいまでが測定できます。最近は極少量の試料でも測定可能な方法(加速器分析法:AMS法)の普及もあり、遺跡調査や活断層調査をはじめ、広範な分野で利用されています。

・ボーリング調査
 環境調査や遺跡の発掘調査等に伴って深度10m以浅の試料(土壌)採取を目的としたボーリングが行われています。しかし、従来のボーリング機器では、コストが高くなるため、もっと簡単に安く調査を行えるような要望に応えるべく、当社では、少ない作業人員に短時間で行える簡易ボーリングを提案し、様々な現場で実績を上げています。 当社では、手動式のハンドオーガー・シンウォール・トーマスの3種類を扱っています。

    資 原 調 査 と 開 発

・CEC分析
 陽イオン交換容量(CEC:Cation Exchange Capacity)試験は、土壌における養分の保持・供給量を調べることを目的とした試験方法です。さらに、最近では地質学の分野にも応用され、トンネル・ダムの建設に際する地山の膨潤性の判定や、地すべり面の特定などにも、その対象範囲は広げられてきています。このCEC値は、膨潤性粘土鉱物の含有量とよい相関を示すことが多く、X線回折試験による粘土鉱物の種類・含有量の結果と合わせて評価されています。


・薄片鑑定
 薄片の顕微鏡観察は、岩石や鉱物の鑑定のために非常に有用な手段です。古典的な手法ですが、今もなお、地質学的な現象やそれにかかわる様々な問題について有用な情報を提供してくれます。分析対象は、一般的な火成岩・変成岩・堆積岩から、変質岩・風化岩・断層岩などの脆弱な岩石、海浜砂・土壌・砂礫・粘土・ローム・火山灰などの未固結堆積物、コンクリート・骨材などの土木用資材、遺跡から出土した石器・石材などがあります。

・X線回折
 X線回折分析は、岩石学の分野では古くから使われてきた試験方法で、顕微鏡観察では同定できないような微細な鉱物が識別できるため、薄片観察の補足的な手段として位置付けられています。一方、考古分野においては、遺物に付着した顔料の分析など、鉱物や無機化合物を定性的に調べる手段として、応用されています。

・蛍光X線分析
 蛍光X線分析装置は、地質分野では岩石の成分分析に用いられています。地質分野における全岩化学分析値の利用用途は広く、一般的な岩石のほか、変質岩や、未固結堆積物などへも拡大されています。一方考古学分野では、黒曜石の微量成分分析による産地推定をはじめ、古銭など金属遺物の成分分析、遺物に付着した不明物質の検証など広く用いられています。 

・砂粒分析
 海浜を構成する底質堆積物の粒度分析や重鉱物分析は、漂砂の移動方向や供給源を推定する目的で実施されます。海浜の漂砂中の重鉱物は,河川の後背地の地質を反映している場合が多いため、砂の供給河川を知る目的で、河川下流域〜河口部へかけての河川底質堆積物を対象として分析する場合もあります。

・粘土鉱物分析
 鉱物の同定には、X線回折法による試験が一般的に行われています。粘土鉱物の同定には、塩酸処理や熱処理など種々前処理を施して測定を行います。例えば、膨潤性粘土鉱物であるスメクタイトの検出は、エチレングリーコール処理をして判別します。この試験は定性分析なので、含有量については、検量線を作製して測定する内部標準法を行って求めます。膨潤性粘土鉱物については、陽イオン交換容量試験(CEC)やメチレンブルー試験なども参照して評価資料として利用されています。

・コンクリート品質調査
 硬化コンクリートの劣化を引き起こす原因としては、中性化、塩害、アルカリシリカ反応、凍害、化学的腐食、疲労などが知られています。硬化コンクリートのひび割れ等の劣化が、アルカリシリカ反応に起因するものがどうかは、含まれる骨材の種類や、有害鉱物や有害生成物質(アルカリシリカ反応による生成物)の有無より判断出来ます。これには、コンクリートコア試料から、薄片を作製し、顕微鏡下で観察することによって明らかにできます。

・石材品質調査
 建築用の壁材や床材などに石材を使用する際には、石材の錆、剥離、ポップアウト等の障害を生ずる恐れがあるかどうかを事前に調べる必要があります。これらの障害の原因となる有害鉱物やマイクロクラック等の組織は、石材から薄片を作製し、顕微鏡下において観察することにより、明らかにできます。近年、輸入量の多くなった中国産、インド産、ブラジル産等の石材を使用する場合、岩石学的な情報が不明であることが普通です。施工後の障害を避けるためにも、このような輸入石材の顕微鏡観察による品質評価は重要です。

    底 質 堆 積 物 解 析

・花粉分析
 被子植物の雄性生殖細胞で、実際には、花粉化石以外にもシダ類胞子や、鮮苔類の胞子なども同定対象となっています。花粉化石は、外膜が化学的に安定で分解に強い、多量に作られ散布される、種類ごとに形が異なるなどの特徴をもっています。花粉は本来の目的(子孫を増やす)に使われるのはごくわずかで、大部分が地表に落下し、水中などに堆積します。これらの化石を調べることによって、当時の古植生を知り、古環境を復元します。

・有孔虫分析・放散虫分析・石灰質ナンノ化石分析・渦鞭毛藻類分析
 これらの海生微化石からは、種の進化・絶滅に基づいた時代判定や、現世種や子孫が生息環境から堆積環境に関する情報を得ることができます。また、地層中に含まれる化石の種類や組成の違いにより、地層の対比にも有用な情報を提供できます。複数種の化石分析を実施することで、より高精度な対比が行えます。一般に、浮遊性化石は時代判定に、底棲化石は古環境の情報を多く持っています。

・他の項目に関しても逐次作成中
 




2005 PALYNOSURVEY Co.